FC2ブログ

 BS走行会の思い出。 最終回

誰も待ってなかったかもしれない連載 最終回です。
<前回までのあらすじ>
 先導スタッフの青木宜篤選手のムーブにワクワク。



本来なら2周の先導走行後コース脇にバイクを寄せて、引っ張ってた参加者を前に行かせるはずの青木宜篤選手。
何を思ったか、端に寄るどころかペースを上げてきた。
コレって僕らと遊んでくれるってことですか!? ・・・な、第3回。

ペースを上げた青木選手を追いかける参加者4人(斉藤含む)、ワクワクが止まりません。
かなりのハイペースで走り、裏ストレートでは後続の1台に抜かれましたが青木選手との間に余計な台数を入れたくなかったのでヘアピンの突込みで刺し返してポジションキープ。
帰ってきたメインストレートでは先行の青木選手とヤル気満々マンにピューッと離されましたが、
どんどんペースを上げる青木選手にヤル気満々マンが遅れだし、邪魔になってきたのでインフィールドでパス、
メインストレートに再び帰って来た時には青木選手と私の2人きりに。
最終コーナーを立ち上がった時に青木選手もチラッと振り返ったので、
『あ、コース脇に寄っちゃうかな?』 と思ったのですが、さすが青木選手、さらにペースアップ!!

盛り上がってきたーー!!

もう私も余裕無いくらいにペースを上げました。
ところが、実は青木宜篤選手が乗っていたのはノーマルのスズキ・隼。
ストレートは激速なのですが、コーナーではサスが柔らかすぎでユワンユワン動いてるし、マフラーとかステップとかカウルとか何処が擦ってるか分からないくらいのフルバンク状態。
明らかにバイクのせいでこれ以上ペースが上げられない感じ。
対して私のバイクは、さすが 『DUCATI 900SS』 ! 
ストレートは遅いが、コーナーではまだまだ行くでーー!!
ケツにベタ付け状態で1周回って帰って来たのですが、さすがの青木選手も諦めてコースサイドに寄り、上体を起こして 『先に行け』 のアイコンタクト。
その横をアクセル全開・タンクにベタ伏せの私が抜いて・・・抜く・・・抜こうかと・・・。

だから! 俺のバイク、ストレートは遅いんだってば!!

ベタ伏せのまま横を見ると、
『よー抜かんのか!? そんなに遅いんかい!』
と言いたげな青木選手と並走状態でアイコンタクト。

時が止まったかのような空間の中で見つめ合う二人。
愛が芽生えるかと思いました。

やっとの事で前に出ましたが、アクセルOFFでコース脇に寄ったのではない青木選手。
ペースを維持してるってことは、今度は私の後ろから突く気か!? なんて思ったら、
もう一段回テンション爆上げです。

俺の走りが見られてる! なんて思ったら、『俺の走りを見さらせーー!!』とばかりに全開!
1周回ってメインストレートに帰って来た時に 『どうだ!!』 と後ろを振り返ったら、

誰もいない。

ひとり相撲の虚しさに、感情を失った目で残りの周回を粛々とこなしました。
そんなチョット恥ずかしい、自意識過剰な痛々しい思い出。

でも楽しかったです。 また行きたい。
こんなイベントを、お客さまと一緒に楽しめたらと思います。
今回に限らず、1年の間に何回か開催されますので、興味の出てきた方は是非ご連絡ください!

お待ちしております。
斉藤でした。



Trentadue のホームページはこちら




スポンサーサイト



プロフィール

trentadue

Author:trentadue
Trentadueブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる