FC2ブログ

 タイミングベルト交換のお話。

毎度お世話になっております。
本日は、最近頂いたお仕事の中からタイミングベルト交換のお話を。

バイクにタイミングベルトというのは非常に珍しいのですが、
四輪では当たり前、さらに似たものにファンベルトやエアコンベルト、パワステベルトなど、
ベルトの交換・張り調整をしたことのある整備士さんは当たり前にいらっしゃると思います。
DUCATIにお乗りのユーザーさんも、自分で交換・調整しているという方もチラホラ・・・。

出来ると思います。 ある程度は。
でも、最良の組み付けが出来ているかといえば、疑問です。



DUCATIのベルトの張りの測定は専門の特殊工具を使い、張ったベルトを弾いてその周波数を測定する方法で調べます。
ギターのチューニングに例えると分かりやすいでしょうか? 
そんな感じです。 とても厳密に管理しています。

また、ファンベルトなどのベルト類の調整に慣れているであろう四輪の整備士相手ですら、タイミングベルトの調整は特別です。
実は四輪でお馴染みのタイミングベルトでも、私(斉藤)が触った車種ではほとんどが整備士のウデに頼った調整はされていませんでした。
どういうことかと言うと、ベルトの張りを調整するプーリーに 『ベルトと同時交換しろ』 と指定されたスプリングが付いており、
メーカーが指定した方法で取り付けた際にスプリングの力で押し付けられた位置でボルトを締付け、固定していました。
つまり、メーカーは整備士に対し 『張り調整は機械的にコッチでやるから、お前はただボルトを締めろ』 と言っているようなものです。

そんな繊細で微妙な部分を、自分でやっちゃいます?
または、殆どDUCATIを触ったことの無い整備士さんに任せちゃいます?
私が専門工具を持たないお店や個人さんで交換することを絶対に進めない理由がコレです。

まあ、『今までトラブルになったことが無い!』 と言われれば・・・、それまでですが、
チョットでも張りが緩いと、その場は良くても1~2年乗ってベルトが伸びたら歯飛びするかもですし、
逆に張りが少しでもキツイとエンジンの抵抗になり、シャシダイナモなどでパワーを測るとハッキリとパワーダウンしています。

『信じる者は救われる』 とか、『鰯の頭も信心から』 などとも言いますが・・・。
当店など、信じてみて頂いては如何でしょう?
・・・なんて、要は営業です。
当店では正規ディーラーと同じ特殊工具を取り揃えており、正規の道具を使い、正規の手順で組まれた完璧な整備を心がけております。
バイクシーズンを前に整備をご検討の方、是非ご相談ください。

それと、あとひとつ特殊工具で行わないと実行できないDUCATIならではのスバラシイ機能と効果があるのですが・・・。
長くなるのでまた次回に。
斉藤でした。



トレンタドゥエ のHPはコチラ




スポンサーサイト



プロフィール

trentadue

Author:trentadue
Trentadueブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる